オーストラリアで初めて食べたケールは苦かった!

公開日: : 最終更新日:2018/11/09 未分類 , , , , ,

日本にいたときは、まったく存在を知らなかったケール。
オーストラリアに住むようになり、べジショップで目にするようになり、
体にいいということで食べ始めたケール。

最初口にしたときは、「う~!!苦い!!」って感じでしたね。
決して、おいしいとは思わなかった。

でもね、人間って面白いですよね。
体にいいから!なんて言われちゃうと、食べ続け、おいしく感じてきちゃうのよね。
おもしろい!!!

IMG_E0249

ケールに含まれる栄養価はとても高いようで、βカロチン、ビタミンEは野菜の中でトップクラスだそうです。
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立ってくれます。
また、老化の予防効果にもいいようです。

ケールってどうやって食べるんだろう??
簡単に料理?するんなら、ケールを全部ミキサーにかけて青汁として飲んじゃいましょう。
「青汁」っていうのに抵抗があるのであれば、飲みやすくするためにリンゴやはちみつなどを一緒にミキサーにかけてもいいかも。

我が家はもっぱら生野菜サラダ。
硬いシンは除き、葉の部分をちぎったり、粗めに切ったりしてケールサラダとして、
ケールに塩コショウし、ガーリック少々、オリーブオイルをふりかけ、ピーナッツやカシューナッツを細かく砕きミックスする。
これがおいしいんだ!!

葉が黄色くなりダメになるのが早いので、大量にゲットしたときは、炒めの藻や煮物にしてもオッケーです。

クセの強いケール。
なかなか食べ慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、ちょっとずつでも食卓のお供に仲間入りさせてあげてはいかがでしょうか。
うちは、「ケールを食べていればガン知らず!」なんていいながら、子供にも食べさせています。
ガンに効くかどうかはさておき、お子様の栄養のプラスにもどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

no image

ルイボスティーはすごい!

我が家の冷蔵庫には、必ず常備している「ルイボスティー」 知り合いから進められて、「

記事を読む

IMG_5583

ハワイで「レイ」がほしかった!

先日のイースターホリデーで、初ハワイ旅行行ってきました!! 5泊7日のあっ

記事を読む

IMG_1881

ワイキキビーチのサンセットは美しい

【10%オフ】【ポイント10倍】[ハワイお土産]ハワイアンホスト アイランドトリオ 1パック (海外

記事を読む

no image

うるう年はオーストラリアも一緒

「うるう年」とは、太陽暦で1年が366日ある年、2月29日のある年のことをいう。 漢字では「閏年」

記事を読む

IMG_6732

オーストラリアで車の運転をしよう! 「カーライフ ガイド3」

昨日からの続き、、、、、 車をゲットしたら、さぁ運転!! オーストラリア

記事を読む

img_0955

オーストラリアの菊は、「マム」

オーストラリアにも、菊の花がある。 菊は英語で「chrys

記事を読む

no image

バレンタインチョコの練習

2月に入り、今月のイベントにバレンタインデーがある。 日本では、女性が好きな男性に愛の告白とと

記事を読む

IMG_0924

今日の海写真 30・03

朝の散歩でのご褒美は、、、、、 最高の景色!! みんなに見せてあげたくなる。。。。

記事を読む

IMG_0066

オーストラリアでくしゃみをすると

お友達としゃべっていて、相手が急に「ハックション!」なんてくしゃみをしたら、 普通は、「大丈夫

記事を読む

IMG_6608

男性の方必見!いつもポケットに「マネークリップ」を!

よく男性の方は、お金をそのままポケットに入れていて、会計の時にしわだらけのお札を出す

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_0264
そろそろ、クリスマスの準備

ショッピングセンターなんかにショッピングに行くと、ぼちぼちショ

IMG_E0279
マルーブラビーチでイカの甲大量ゲット

今日のマルーブラビーチ。 夕方、ちょっと海風が寒かった。 でも

IMG_0268
オーストラリアでオーガニック エッグをゲット!!

我が家には、ニワトリさんが6羽います。 ペット??ではなく、

IMG_E0249
オーストラリアで初めて食べたケールは苦かった!

日本にいたときは、まったく存在を知らなかったケール。 オーストラリア

IMG_2270
どうする?オーストラリアで愛犬とのお別れ

突然のこと、、、、、いや、 誰もがこの日が来るのを覚悟してい

→もっと見る

PAGE TOP ↑