オーストラリアの菊は、「マム」

公開日: : 未分類

写真素材のピクスタ

オーストラリアにも、菊の花がある。
菊は英語で「chrysanthemum」(クリサンスマム)。
略して「mum」(マム)と呼んでいます。

「マム」の呼び名から、オーストラリアのマザーズデーには、
カーネーションではなく、菊の花が送られるのが一般的です。

img_0955

スプレーの菊は、「スプレーマム」と言います。

スプレーマムは、1本の茎に何個かの花を咲かせるアメリカ生まれの品種。
可愛らしい雰囲気を楽しむことができます。
アレンジメントや花束にもよく使われます。

スプレーマムの花ことばは、「高潔」、「あなたを愛します」
気高く気品ある花姿に由来します。また、「清らかな愛」という純粋さを感じさせる花言葉から、ウェディングブーケによく用いられます。

img_0957



日本や中国原産の菊がアメリカへと渡り、品種改良されたものがスプレーマム。
海外で作り出されたことから、「洋菊(西洋菊)」とも呼ばれ、これに対して日本の菊は「和菊」と呼びます。

和菊に比べて生長が早く、1本の茎に対して放射状にいくつもの花を咲かせることが特徴。
花色は和菊にはない明るい色の花が多く、一重、八重、管咲き、ポンポン咲きなど花びらの形も種類によって様々。

中でも草丈が短く、鉢植えに適した品種は「ポットマム」と呼ばれます。

スプレーマムの誕生花:1月14日、9月11日、10月14日、10月20日、11月3日

img_0960



http://dreamse
rqgg0448

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

no image

肌のトラブル 「アトピー性皮膚炎」

肌のトラブル「アトピー性皮膚炎」 実は、うちの娘、赤ちゃんのころか

記事を読む

IMG_1666

「パッションフルーツの花」は「トケイソウ」??

我が家の家庭菜園で育てている「パッションフルーツの花」が咲きました。 正直、パッションフルーツの花

記事を読む

IMG_E0353

インテリアをボヘミアンチックに!

おうちの中のインテリアで、住人の趣味やセンスがわかっちゃう面白いアイテム。 なかなか家の中全部

記事を読む

IMG_6608

男性の方必見!いつもポケットに「マネークリップ」を!

よく男性の方は、お金をそのままポケットに入れていて、会計の時にしわだらけのお札を出す

記事を読む

IMG_7655

シドニーで「50’sディナー」!

SydneyのEnmorで気になるお店を発見! 外から見ても、どう

記事を読む

no image

早春に咲く花

先日、東京では春先の気温になったとか。。。 人間様は、厚手のジャンバーを脱ぎ、薄手の装いでお出かけ

記事を読む

IMG_6955

続・オーストラリアで「ヒーリング効果」

ヒーリング効果をもたらす「チベタン楽器」。 チベット圏の国々や地域で信仰

記事を読む

IMG_0309

近所に新しいケーキショップがオープン「Christopher`s cake shop」

シドニーの郊外に住んでいると、なかなかおいしい!これっていうケーキ屋さんがないのよね。 お客さんが

記事を読む

IMG_6971

オーストラリアで「家を守るクモ」!

オーストラリアでは、自然に、、、、生活していてそこいら中に虫がいます。 時には、猛毒の持つ危険

記事を読む

no image

パナドールはオーストラリアの常備薬

オーストラリアの常備薬というと、「パナドール」(Panadol)。

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_E0637
流木でトライアングルドリームキャッチャー

ビーチで拾ってきた流木。 流木はなかなか手に入らないから私の

IMG_E0353
インテリアをボヘミアンチックに!

おうちの中のインテリアで、住人の趣味やセンスがわかっちゃう面白いア

IMG_0716
隠れトレーニングにはここ!死のクージーステップス!!!

最近、娘たちがはまってる隠れトレーニング。 地元では有名らし

IMG_0697
京都のお土産はこれだ!

日本旅行から帰ってきた娘。 すごく満喫してきたみたい。 自分た

IMG_0700
シドニーで年に2回の粗大ごみの日。

シドニーでは、普段のごみの回収は毎週1回。 そして、年に2回粗大

→もっと見る

PAGE TOP ↑