肌のトラブル 「アトピー性皮膚炎」

公開日: : 最終更新日:2016/04/23 未分類



肌のトラブル「アトピー性皮膚炎」

実は、うちの娘、赤ちゃんのころから、かなりのアトピーちゃんでした。
関節という関節にはいつもかいかいで真っ赤にはれ上がり、皮膚が着れ血が出る状態。
ステロイドはあまり好まなかったのですが、なんとかしてあげたくて、ステロイドを2~3日塗っては休み、また塗って。
大きくなるにつれ、収まってきたようにも見えましたが、
赤ちゃんの時とは違う様子の、かいかいが。。。。
肌が乾燥しないように、ステロイドとドライスキン用のクリームを上手にコントロールしながら
夜の睡眠時に無意識に掻いてしまわないよう、手袋したり、ズボンのすそや手首のシャツにテープを巻いて、めくれないように工夫したり。。。
大きくなってくると自分で、頭使ってくれるから楽。笑
~なぁ~んて、やってて、ただいま、14歳。
季節の変わり目やなどで、多少のかいかいはあるものの、ずいぶんとよくなってきました。

じゃぁ~、「アトピー性皮膚炎」について、調べてみましょう。

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。
アトピー性皮膚炎の治療の目標は、症状を上手にコントロールし、日常生活に差し支えない状態を維持すること。
できれば、医師の指導に従いながら、気長に病気とつきあい、根気よく治療を続けていったほうがいいでしょう。

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。
一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断されるそうです。

     (うちの子は完璧、慢性型ですね。笑)

湿疹の特徴

•赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる
•左右対称にできることが多い
•おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい

アトピー性皮膚炎ってどんな病気なの?

アトピー性皮膚炎は、良くなったり、悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。
多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。

じゃあ、なぜ起こるの?

アトピー性皮膚炎の原因ははっきりと分かっていませんが、遺伝による体質に、環境などが強く関係して発病すると考えられます。
それぞれにはアレルギーに関係するものと、それ以外のものがあります。これらは、発病のきっかけになると同時に、症状を悪化させる原因にもなります。

体質アトピー素因

アレルギーを起こしやすい体質が家族や自分にあればアトピー素因があるといいます。
人の体には体の中に入った特定の異物を除く、免疫という仕組みがあります。これは異物(抗原:アレルゲン)に対して反応する抗体(免疫グロブリンE:IgEというタンパク質)を作って、体から除く仕組みですが、この免疫が異常に強く起こることをアレルギー反応といいます。

ただし、アトピー性皮膚炎だと必ずこの体質であるというわけではなく、また、アトピー素因があってもアトピー性皮膚炎にならない人もいます。

皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)

健康な皮膚では、皮膚の表面の角質層に十分な量の保湿成分や油分(アミノ酸やセラミドなど)があり、皮膚のバリアができ、体内の水分が出ていったり、外からさまざまな物質が侵入するのを防ぐことができる。

アトピー性皮膚炎の人の肌は、保湿成分やセラミドが少なく、乾燥肌(ドライスキン)の状態にあることが分かっています。
バリア機能が弱くなっているので、アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)や微生物が侵入しやすく、また汗などの刺激に弱くなります。=アトピー性皮膚炎の人が薬や化粧品、金属などにかぶれやすい。
少しの刺激でかゆみが出るので、そこを掻いてしまい、掻くことでバリア機能がさらに破壊され、刺激物がますます侵入しやすくなり、炎症を起こしてさらにかゆみがひどくなる、という悪循環に陥りやすいのです。

アトピー性皮膚炎を発症・悪化させる原因

アトピー素因 -皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)

アレルギーに関係するもの(アレルギー的因子) -食物(卵、牛乳、小麦、大豆)
                        ダニ、ハウスダストなど
アレルギー以外のもの ー汗、乾燥、掻くこと

検査

アトピー性皮膚炎の発病や悪化の原因の一つに、アトピー素因をもった方に皮膚の炎症を起こさせる原因物質(アレルゲンを含む)がありますが、それらを見つけるために血液検査や皮膚検査などの検査を行うことがあります。

 (あくまでも診断の目安としてください)

アトピー性皮膚炎でみられる主な皮膚の状態

*かさかさと皮膚の水分が少ない乾燥した状態(乾燥)。
*フケのようなかさかさしたものが落ちる(鱗屑:りんせつ)。
*赤い腫れ(紅斑:こうはん)。
*ぶつぶつした小さなドームの形の盛り上がり(丘疹:きゅうしん)。
*大きめのごつごつしたしこり。強いかゆみを伴う(痒疹:ようしん)。
*掻き壊したあとにできる、かさぶた(痂皮:かひ)。
*みずぶくれ(水疱:すいほう)。
*皮膚の浅い部分がはがれて、じくじくとただれた状態(びらん)。
*掻き壊しをくりかえして、ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態(苔癬化:たいせんか)

治療の種類

アトピー性皮膚炎の治療には、
「薬物療法」「スキンケア」「原因・悪化因子の除去」があります。

薬物療法

アトピー性皮膚炎の治療において、最も大切なのは薬による治療です。
適切に正しく薬を使うことで、症状を早く改善して、良い状態を維持することができます。

現在、アトピー性皮膚炎治療の外用薬としては、ステロイドの塗り薬とステロイド以外の免疫抑制薬の塗り薬(以下、免疫抑制外用薬)があります。
この2種は、効果や安全性が科学的に評価されており、日本皮膚科学会の発行する「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」でも基本外用薬として推奨されているようです。

ステロイドの塗り薬には、「最強」「とても強い」「強い」「弱め(ミディアム)」「弱い」という5段階のランクがあり、それぞれの皮膚の症状の種類や重症度、炎症が起きている場所、患者さんの年齢などを考えた上で、適切なランクの薬が選択されます。
顔面は吸収が良いので原則として「弱め(ミディアム)」クラス以下を使用。

挿絵0.5g(人差し指第一関節部までに乗る量)
この量を大人の手のひら2枚分くらい
の面積に塗るアトピー性皮膚炎治療の外用薬は、適量を、患部全体を覆うように塗り拡げます。大人の手のひら2枚分くらいの面積に0.5g(人差し指第一関節部までに乗る量)を塗るのが適量の目安です。

すり込むように塗るのではなく、塗り薬を「乗せる」ように、皮膚全体を覆うように塗り拡げます。

かゆみを抑えるために、眠気の少ない抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を補助的に内服したり、他の治療でなかなか良くならない重症の成人患者さんは、ステロイド薬の飲み薬やシクロスポリンという免疫抑制薬の飲み薬を飲んだりすることがあります。

どの薬をどのように組み合わせて使うかは、医師がそれぞれの皮膚の状態をよくみて判断します。
 

     (薬を使用する際は、必ず、医師の元で!!)

スキンケア

ステロイドの塗り薬や免疫抑制外用薬で炎症がすっかりおさまった後も、2~3日おきに塗り薬を使ったり、炎症の再発を予防するためにスキンケアをしましょう。

入浴やシャワーで皮膚を清潔に保ち、入浴後には保湿薬を塗り、皮膚から洗い流された皮脂膜を補います。

悪化要因の除去

アトピー性皮膚炎は、薬物療法とスキンケアを正しく行うことで、ほとんどの場合、症状をコントロールすることができます。
しかしそれでも症状の改善がみられない時は、症状の原因となっているものや悪化させる可能性があるものを探し出し、それを取り除くことも大切です。

2歳くらいまでの乳幼児ならば、食物に加え、汗、ダニ、ほこりなどの生活環境、細菌・真菌などが主な悪化要因と考えられます。
2歳以上の場合はダニ、ほこりなどの生活環境、汗、細菌・真菌、ストレスなどです。生活環境を整えたり、皮膚を清潔に保つことで、できる限り悪化要因を取り除きましょう。
「これを食べると皮膚炎の症状が悪化した」とわかる食物については食事からできるだけ取り除きたいところですが、専門の医師による検査の元、
自己判断で安易に食物を制限したりしないようにしましょう。

また、ストレスも症状を悪化させる原因のひとつです。
特に成人のアトピー性皮膚炎の患者さんでは、心理的ストレスから「かゆくないのに掻く」のがくせになっている患者さんがいます。このような場合は、心理的アプローチを含めた治療が行われることもあります。

生活の中で心がけること

症状を悪化させる要因をできるだけ取り除き、
ストレスの少ない生活を送りましょう。
    *まめに掃除をして、ほこりやダニを取り除きましょう。
    *じゅうたんやぬいぐるみはできるだけ避け、布団は日に干します。
    *部屋は風通しをよくして、温度と湿度を適度に保つようにしましょう。
    *室内を清潔に保ち、適温・適湿の環境をつくりましょう

規則正しい生活を送り、暴飲・暴食は避けましょう
    *アトピー性皮膚炎の人にとって、生活リズムを整えることはとても大切です。
    *十分な睡眠、規則正しい生活、栄養のバランスの良い食事を心がけましょう。
    *適度な運動も有用ですが、汗をかいたらすぐにシャワーを浴びることを
     忘れないようにしましょう。

刺激の少ない衣服を着ましょう
    *ウールやアンゴラなど、ちくちくする繊維はかゆみを誘発する
       特に下着の素材には注意が必要です。
    *手首、首、わき、ウエスト、足首などは衣類の刺激を受けやすい
       特に手触りの柔らかいものを選んでください

爪は短く切り、掻きこわしで皮膚を傷つけないようにしましょう
    *爪がのびていると、掻いた時に皮膚に傷がつき、
     症状をさらに悪化させるので、短く切っておきましょう。
    *また掻いたあとの爪は、細菌やごみがたまっていますので、
     よく洗いましょう。

ストレス解消につとめましょう
    *症状について神経質にならず、気持ちをおおらかに持ちましょう。
    *仕事などのストレスを上手に解消しましょう。 

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、症状を上手にコントロールし、日常生活に差し支えない状態を維持することが目標です。
医師の指導に従いながら、気長に病気とつきあい、根気よく治療を続けていきましょう。

実は、ここオーストラリアにはアトピーによく効く万能薬があるんです。

オーストラリアの家庭には必ずと言っていいくらい常備しているだろう
オーストラリア原産「Teatree oil」

IMG_1582

殺菌効果のきわめて高いティーツリーオイルは、オーストラリアでは、毒性の低い消毒剤として病室で採用している病院もあるほど。

アトピーに使われる代表的なアロマ。
葉から抽出した精油には、免疫機能を高める作用があります。
皮膚への刺激は少なめです。

水250mlに対してティツリーオイル5ml(小さじ一杯)
をスプレーボトルに入れ、よく混ぜればもう出来上がりです。

原液には微妙ながら毒性があるため、ティートゥリーオイルを飲んではいけません。
目の周囲への使用もお勧めできません。

オーストラリアから直送されるティーツリーオイル・エクストラクト(二次蒸留濃縮オイル) 25mlボトル【代引・配送日時の指定不可】

価格:3,030円
(2016/4/23 17:40時点)
感想(13件)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

IMG_0978

今日の海写真 28・03

兄妹っていい。 いつまでも仲良くしてもらいたい。。。。

記事を読む

IMG_6952 (1)

オーストラリアで「ヒーリング効果」

オーストラリアで「ハタヨガ」をはじめて、体の調子もいいみたい。 ヨガでよく使われる

記事を読む

IMG_9839

流行りの多肉植物をオーストラリアでも。。。。

多肉植物は、葉、茎または根の内部の柔組織に水を貯蔵している植物の総称である。 砂漠や海岸の

記事を読む

IMG_7264

ウサギの爪を切ってみよう~

我が家のペット「ウサギちゃん」 ネザーランドドワーフ 「ネザーランド=オ

記事を読む

img_5468

オーストラリアは、デイライトセイビング(DayLight saving)スタート!

2016年10月に入りました。 早いものですね。(ここんとこ毎年感じる

記事を読む

IMG_7389

今日の海写真 27・03

珍しく、ボンダイビーチ。 なかなか行くことないけど、たまにはいいんじゃないかな~って。。。。笑

記事を読む

IMG_2261

オーストラリアで「HAPPY MOTHER`s DAY」

今朝、朝ヨガから帰ってくると、テーブルがこんなになってた!!!

記事を読む

IMG_5672

ハワイのナンバープレートは「虹」

ホリデー気分がまだ冷めません。。。。笑 ホリデーで行った初ハワイで見たかわ

記事を読む

IMG_7975

自宅でトロピカル!「フルーツ盛り合わせアレンジ」

千疋屋総本店(せんびきや)季節の果物詰合(2)価格:8,640円(2016/5/12 21:11時点

記事を読む

IMG_7462

ハワイの「カメハメハ大王像」

カメハメハ大王のオブジェ(ゴールド)☆ハワイアン雑貨☆ハワイ雑貨☆ハワイアン インテリア☆ hawa

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_2270
どうする?オーストラリアで愛犬とのお別れ

突然のこと、、、、、いや、 誰もがこの日が来るのを覚悟してい

IMG_1922
6月21日は国際ヨガデー

【送料無料】 ヨガパンツ 7分丈 レディース ヨガウェア クロスウエス

img_8464
オーストラリア紙幣はプラスティック!新5ドル札

オーストラリアの紙幣は、紙ではなくプラスティック(

img_8463
オーストラリアのじゃんけん。。。

なんか久しぶりに、子供たちとじゃんけんをした。 罰ゲーム

img_5468
オーストラリアは、デイライトセイビング(DayLight saving)スタート!

2016年10月に入りました。 早いもの

→もっと見る